働きやすい環境|クレーム対応の技術力を身に付けるには専門講師の研修を受けよう

クレーム対応の技術力を身に付けるには専門講師の研修を受けよう

働きやすい環境

女性と赤ちゃん

条件というハードル

女性が仕事をする時、特に小さい子供がいる時に問題となるのが、働いている間に子供をどこに預けるかという事だと思います。保育所などの場合、認可と無認可の施設がありますが、認可の保育所の場合は無認可よりもハードルが高く、さまざまな条件をクリアして初めて申請する権利が生まれます。しかしながら、条件をクリアしても、施設の定員に空きがない場合には入所は出来ず、また条件のポイントの高い人から優先される為、中々希望通りに預けるのが難しい事があります。無認可の場合は、認可の保育所に比べて料金が高く、保育料の問題で諦めざるを得ない場合があります。事業所内保育の場合、自分の働く職場に子供を預ける場所があるので、条件のクリアなどの問題が回避できます。

安心の環境

事業所内保育の利点としては、自宅から職場までの間に保育所など子供を預ける場所への往復などの時間が省ける事があります。せっかく入所出来た保育所が、自宅から遠かったり、駅から遠かったりした際には、通勤時間にプラスして余計な時間が必要となります。しかし事業所内保育であれば、自分が職場に向かうと同時に子供も保育所に向かう事となり、時間の短縮に繋がります。また、子供が小さいうちには風邪に始まりさまざまな感染症の心配もあります。病気になった場合や仕事の都合など、通常とは違う問題が発生した際に、一般の保育所の場合には理解が難しい事もあります。同時に職場の方にも気まずい思いをする事もあります。事業所内保育であれば、急なお迎えの際にも時間短縮が出来ますし、部署は違えど同じ社内なので子供の連絡が来た時にも状態など含め、周りの社員の方にも状況が伝わりやすい分、理解を得やすい利点があります。