どこでも研修が受けられる|クレーム対応の技術力を身に付けるには専門講師の研修を受けよう

クレーム対応の技術力を身に付けるには専門講師の研修を受けよう

どこでも研修が受けられる

女性

人材育成を行う場合には、研修やOJTなどにより知識や技術を身につけさせていく方法がとられる。従来の研修では、社員を1か所に集め、それに対して講師を付けることで研修が行われていた。今日における人材育成においても集合研修は中心的なものであり、最も行われる研修形態になっているが、それに加えて行われるのがeラーニングによる人材育成である。eラーニングでの人材育成では、インターネットへの接続環境があれば、自宅などでも研修を受けることができるため、場所や時間を選ばず教育できるということがある。また、教材を公開することで社員に研修を受けさせることができ、受講状況についてもシステム上で確認できるため、管理面でも利便性が高い。

eラーニングでの研修においては、社員が教材を順次見ていく形で教育が進められる。通常は題目ごとなどに理解度テストが設定されており、それらをクリアすることで次の題目に進めたり、受講完了とするケースが多くなっている。eラーニングでの研修では、社員の理解度や反応を研修を行う側から見えないということがある。その為、理解度テストやアンケートなどを実施することで、研修内容への反応やそれに対する対策を行っていくことが重要である。通常の研修では講師が教えながら受講者の状況を確認し、分からないところを重点的に教えることができるが、eラーニングではそれらが難しい。その為、理解度テスト結果を用いて、弱点部分を補うことも必要になる。