クレーム対応の技術力を身に付けるには専門講師の研修を受けよう

どこでも研修が受けられる

女性

人材育成の方法として近年広く利用されているものに、eラーニングがある。eラーニングでは、時間や場所を選ばず学習でき、管理する側も受講状況を簡単に把握できる。但し、受講者の反応が見えにくいため、テストやアンケート結果でのフォローが重要になる。

もっと見る

働きやすい環境

女性と赤ちゃん

事業所内保育は時間の短縮や、仕事をする上での職場の理解など、親にとっては気がかりな部分がクリアになる環境があると思います。時間の短縮は親子の時間の確保にも繋がり、職場の理解は精神面でも仕事に集中しやすい環境を作り、親と子ともどもに良い環境を得る事が出来るシステムだと思います。

もっと見る

会社への意識調査

中年男性

社員が会社に対しての満足度を知るための調査が、エンゲージメントサーベイである。エンゲージメントサーベイを実施する場合には、社員の本音で調査する必要がある。そのため、外部業者を活用し第三者により調査してもらうことが効果的である。

もっと見る

クレーム対策と社員教育

男女

クレームへの対応術を学ぶ

商品のメーカーや小売店など、一般消費者を対象としたビジネスを展開する企業にとってクレームは避けられないものです。さまざまな志向を持つ消費者が存在するため、すべての人の欲求を満足させる商品を作ることは困難と言えます。消費者クレームを完全になくすことは事実上不可能と言われており、どの企業もクレームへの対応術が求められるのです。そうした点では企業相手に営業活動を行うBtoB型企業も同様で、クレーム対応を誤ると会社の信用に大きく傷がついてしまいます。その点で消費者や取引先企業から高い信頼を得ている企業では、社内にしっかりとしたクレーム対応術が根付いているものです。そうした企業はクレーム対応に関する社員教育も徹底して行い、万全の危機管理を敷いています。自社でそのような社員教育ができれば申し分ありませんが、多くの企業ではそこまで手が回らないというのが現状なのです。十分な社員教育が実施できないという企業でも、さまざまな社員研修を専門的に行っているサービス会社を利用することで問題を解決できます。特にクレーム対応研修は時代の要請とともに近年の需要が高まっており、多くの企業が社員を参加させているのです。

基礎から高度な対応術まで

一口にクレームと言ってもさまざまな種類があり、それぞれの状況に応じた柔軟な対応が必要となります。業界によって想定されるクレームに違いもありますが、ほとんどの業界に共通したクレーム対応術の基本形も存在します。そうした基本を身につけた上でいろいろなケースに対応できるだけのスキルを取得していくことが、クレーム対応研修の目的なのです。クレーム対応研修も一般的な社員教育研修と同様に、専門知識を持つ講師を招いたセミナー受講が中心です。セミナーで得た知識に基いて他の参加メンバーとのグループ討議を行ったり、ロールプレイングを通じて応用力を高めたりする方式もあります。クレーム対応の基礎から高度な対応術に至るまで、受講者のスキルや役職に応じたセミナーの内容を選択することも可能です。店長や現場責任者など管理職の立場にある社員は、上級コースのクレーム対応研修に参加することで困難なクレームを処理する能力を取得できます。これまで多くの企業に無数のクレームが寄せられ、企業ごとに対応ノウハウが築き上げられてきました。そうしたノウハウが社会的に共有されるようになり、クレーム対応研修を通して学習できる時代となったのです。